【限定公開】格安スマホおすすめランキング

【限定公開】格安スマホおすすめランキング

 

「あまりスマホを使っていないから格安スマホに乗り換えた」

 

最近はこういった方が増えてきています。

 

実際、格安スマホはあまりスマホを使っていない人が一番得をします。

 

しかし乗り換えたくても、いざ乗り換えようとすると情報が多すぎてよく分からなくなることが多いです。

 

本ページではランキング形式で格安スマホを紹介していくので、あなたが格安スマホへの乗り換えを検討しているのであれば、本ページを参考に検討して頂けるとよいと思います。

 

 

格安スマホの契約には3通りの方法がある

 

格安スマホの契約には3通りの方法があります。

 

  1. 今持っているスマホをそのまま格安スマホにする
  2. 格安スマホを購入する
  3. 中古スマホを購入して格安スマホにする

 

一番安く済むのは、1番の「今持っているスマホをそのまま格安スマホにする」という方法ですが、格安スマホを新しく始める方は、新しくスマホを購入するケースも多いです。

 

そもそも格安スマホとは、
「格安SIMカードを挿したスマホ」のことを言います。

 

SIMカードとはスマホで音声通話やデータ通信を行うために必要なICカードです。

 

スマホの購入とSIMカードの契約は別に行ってもよいので、スマホの用意は自分で行っても良いのです。

 

 

格安スマホランキング

 

格安SIMカードを提供している業者をMVNOと呼びます。

 

このMVNOは色々な会社があり、会社ごと契約できるプランや料金が変わってきます。

 

おすすめ順にランキング形式で記載しましたので、契約するときの参考としてください。

 

 

mineo
日本の中では、現在唯一ドコモとau両方からの乗り換えに対応しています。

 

高速MNP切り替えによって、MNP乗り換えによってスマホが使えない期間がほぼ無いというのも優れた特徴。

 

乗り換えやすく、ユーザーサポートも抜群で使いやすいMVNO。

 

格安スマホを契約するのであれば、このMVNOをイチオシしたいです。

 

データSIMの価格 音声通話SIMの価格 評価
700円〜 1,310円〜 格安スマホ,おすすめ,ランキング

 

 

ニフモ
格安スマホの唯一の欠点はデータ通信が遅いことと言われているが、ニフモはそれを覆します。

 

お昼などのピーク時でも、とても安定したデータ通信速度を常にたたき出し、利用者が安心して使えるデータ通信速度を保っています。

 

また、格安スマホでは数少ない「かけ放題プラン」も用意されています。

 

独自の割引制度「バリュープログラム」もあり、安い・早いを実現しています。

 

データSIMの価格 音声通話SIMの価格 評価
900円〜 1,600円〜 格安スマホ,おすすめ,ランキング

 

DMM mobile
格安スマホでどこと契約すればよいか迷った場合にお勧めなのがDMM mobile。

 

DMM mobileは幅広いプランが安い料金で契約できるところが魅力。

 

あなたに合った適切なデータ通信量で契約することができ、無駄なく契約できます。

 

通話品質、データ通信品質も良いので、おすすめ。

 

データSIMの価格 音声通話SIMの価格 評価
440円〜 1,140円〜 格安スマホ,おすすめ,ランキング

 

 

格安スマホをどこで契約するか迷った場合は

 

ランキングで紹介した会社はどこもおすすめですが、どこと契約するか迷った場合はDMM mobileをおすすめします。

 

DMM mobileは業界一の安さを誇るMVNOなので、契約して間違いがない会社です。

 

あなたの現在のスマホの使い方をじっくりと見直し、適切なMVNOを選べれば一番良いですね。