電話番号そのままで格安スマホへ乗り換えるならMNPを活用しよう

電話番号そのままで格安スマホへ乗り換えるならMNPを活用しよう

電話番号をそのままで、別の会社に乗り換える仕組みをMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)と呼びます。

 

この仕組みを使えば、電話番号を変えることなく、格安スマホを使い続けることができます。

 

 

MNPの流れ

 

  1. 契約している会社からMNP予約番号を取得する
  2. 格安スマホ契約時にMNP予約番号を伝える

 

これだけです。

 

難しい手続きがあることを考えてしまったかもしれませんが、特に難しい手続きはありません。

 

 

MNP予約番号の取得方法

 

MNP予約番号をキャリアで取得するときは、電話/店頭/インターネットのどれかで取得できます。

 

キャリアによっては、対応していない取得方法もあります。

 

 

それぞれの取得方法ごとにメリット・デメリットがあるので、キャリアの対応と共に確認してみましょう。

 

 

電話でのMNP予約番号取得

メリット

分からないことを教えてもらいながらMNP予約番号の取得ができる

 

デメリット

引き留めにあう場合が多い

 

キャリアごとの対応表

ドコモ 受付時間9:00〜20:00

連絡先:151 または 0120-800-000

au 受付時間9:00〜20:00

連絡先:0077-75470

ソフトバンク 受付時間9:00〜20:00

連絡先:*5533 または 0800-100-5533

 

 

店頭でのMNP予約番号取得

メリット

分からないことを教えてもらいながらMNP予約番号の取得ができる
一括で全ての手続きを行える

 

デメリット

引き留めにあう場合が多い

 

キャリアごとの対応表
ドコモ ショップごとの対応時間(ショップによる)
au
ソフトバンク

 

 

インターネットでのMNP予約番号取得

メリット

引き留めにあうことがない
自宅からMNP予約ができる

 

デメリット

自分で手続きをしなくてはいけないので面倒くさい
キャリアとしても引き留めたいため、回りくどい画面になっている

 

キャリアごとの対応表

ドコモ 受付時間9:00〜21:30

受付先:My docomo

au 受付時間9:00〜21:30

受付先:EZWeb
※ガラケーのみ対応

ソフトバンク 受付時間9:00〜21:30

受付先:My SoftBank
※ガラケーのみ対応

 

 

MNP予約番号の期限に注意

 

MNP予約番号の有効期限は15日間です。

 

さらに、乗り換え先の会社によっては「MNP予約をしてから何日以内しか手続きを受け付けない」というように期限を設けている場合もあります。

 

MNP予約をしたらスグに乗り換え手続きをした方がよいので、乗り換えのための準備が済んでからMNP予約をしましょう。