原付買取後の自賠責の扱い

原付買取後の自賠責の扱い 原付買取サービスなどを利用して原付を処分した場合、親切な業者であれば名義変更手続きや廃車などの手続きも自分の代わりに行ってくれるため、売買契約以外に特別に行うことはなく、非常に楽です。原付を購入し、乗るためには強制保険である自賠責保険に加入が必須となっているわけですが、原付買取によって原付を処分した場合、この保険の扱いはどうなるのでしょうか。

基本的に、原付を処分し市役所で廃車手続きを行った場合でも保険契約はそのまま継続という形になります。そのまま放置していても大きな問題はなく、保険契約の満了期限が訪れると自動的に褒めん契約は終了となります。なお、自賠責の有効期限が長期間残っている場合、放置せずに解約手続きを行うのがおすすめです。解約手続きを行うことで、支払った保険料が還付されることとなるので、できるだけ無駄な出費を抑えたい場合には、原付買取が完了し次第、速やかに保険会社に解約を申し出ましょう。

原付買取の査定額に走行距離は影響を与える

原付買取の査定額に走行距離は影響を与える 原付バイクは移動をするときに便利であり、高齢者でも乗りやすい特徴があります。使用している原付バイクが不要になって場合は、早めに原付買取のサービスを利用するのが大切です。原付買取のサービスを利用することにより、乗らなくなった原付バイクを現金化することができます。

原付買取を利用するときに査定額を出して貰いますが、そのときに走行距離が影響をしてきます。基本的に走行距離が少ないほうが高額査定になりやすく、多いと査定額が減りやすいです。原付買取の査定には他にもメンテナンスの状況や、人気がある原付バイクなのかによっても影響を与えます。高額で売却したいと考えている場合は、できるだけ早く手放してしまってほうが安心です。

大体3万キロ以上乗っている原付バイクの場合は不具合が出やすくなるので、一気に査定額が低くなる傾向があります。そのため3万キロを基準として考えておくと、いつ買い替えるのがお得なのかを各自で判断できる筈です。